天然灰汁発酵建本藍染 手描き友禅 名古屋帯  大津絵柄(鬼鼠柊図)
天然灰汁発酵建本藍染 手描き友禅 名古屋帯  大津絵柄(鬼鼠柊図)
天然灰汁発酵建本藍染 手描き友禅 名古屋帯  大津絵柄(鬼鼠柊図)
天然灰汁発酵建本藍染 手描き友禅 名古屋帯  大津絵柄(鬼鼠柊図)
¥88,000

天然灰汁発酵建本藍染 手描き友禅 名古屋帯  大津絵柄(鬼鼠柊図)

大津絵は400年の歴史があり、古来から伝わる画題は100種類以上と世界的にも類をみない、素晴らしい日本の伝統工芸であり民画です。

【図案】

大津絵 鬼鼠柊図(おにねずみひいらぎず)

【意味】

大きな鬼が小さな鼠(ねずみ)に恐れをなしていて、滑稽な画題となっています。体が黒ずんでいて、大黒天が祭られる台所に出没するねずみは、大黒天の使いとされる動物でした。また、ねずみがくわえている柊(ひいらぎ)の葉は、魔除けに効果があると信じられ、節分の時には戸口に添えられていました。したがって、この画題は、福が鬼を退治することを洒落(しゃれ)て描いたものであり、魔除け、厄除けの意味が込められたものだと考えられます。

【大津絵とは】

江戸時代初期に東海道の大津の宿場(現在の大津市追分町、大谷町)で、職人たちが旅人にみやげ物として描き売ったのが始まりです。 当初は神仏画でしたが、しだいに世俗画や戯画が増え、多くは風刺や教訓の意味を持っています。後には、大津絵に道歌(教訓歌)を付したものが登場したり、鬼の念仏は赤子の夜泣きに効き目があるなどの庶民信仰も生まれました。

 

商品情報

■名古屋帯 仕立上り・色止め・ガード加工済み

■染色:天然灰汁発行建本藍染

■素材:絹100%

■日本製

備考

取り扱いについて:日光などによる色やけにご注意ください。

※実際の商品と同じ色合いに画像修正をしておりますが、環境やモニターの違いにより多少色の違いが出て来ることがあります、ご了承ください。1